池内紀さん厳選、内田百閒の10冊

『本の雑誌』2019年6月号で、池内紀さんが内田百閒の10冊を取り上げていました。内田百閒の数多い著作のなかから厳選されています。内田百閒を読もうという人の参考になれば。以下、その10冊です。① 冥途② 旅順入城式③ 百鬼園随筆 ④ 丘の橋(含む「東京日記…

東京・町田の高原書店が 5月6日に 閉店 !!!

突如閉店した東京・町田の高原書店 古本屋業界に起こした革命 #高原書店 #古本 https://t.co/247Y5Ivm5k 本当に驚きました! という時代です!— 四谷書房 (@yotsuya_shobo) 2019年5月26日

文芸評論家 加藤典洋さん死去

東京新聞:加藤典洋さん死去 71歳 「敗戦後論」文芸評論家:社会(TOKYO Web) https://t.co/BraVhrjB2d— 四谷書房 (@yotsuya_shobo) 2019年5月22日 敗戦後論 (ちくま学芸文庫) 作者: 加藤典洋 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2015/07/08 メディア: 文庫 …

ニューヨーク公共図書館

図書館は単なる無料貸本屋なのか? ニューヨーク公共図書館が貫く“民主主義”から私たちが学べること https://t.co/PBoju8kK0W— 四谷書房 (@yotsuya_shobo) 2019年5月21日

Googleが新しい翻訳AIを開発中

わたしの代わりに外国語をしゃべってくれる。Googleが新しい翻訳AIを開発中 https://t.co/VYVdxiab0X ・・・・・ という時代になりました。専門用語は別にして、日常的にはこれで十分かもしれません。— 四谷書房 (@yotsuya_shobo) 2019年5月19日

古書古書話

ほんまに日記: 古書古書話 https://t.co/4SxCuVeNxm 古書古書話 作者: 荻原魚雷 出版社/メーカー: 本の雑誌社 発売日: 2019/03/21 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る

酒井 順子「こういうエッセイは、絶対に私には書けない」

こういうエッセイは、絶対に私には書けない。 #SmartNews https://t.co/7wVod0IwuT

読書のパワー

読書習慣が成功の秘訣。著名な成功者8人が強調する「読書のパワー」|ライフハッカー[日本版] https://t.co/S7Bke7Svjy via @lifehackerjapan

希望との出会い

玄田有史『希望のつくり方』(岩波新書)たしかに最短時間で最短距離を進んでいけば、当初から意図していた計画がそうそうに実現する確率は高くなるでしょう。しかし、そこでは新しい出会いは起こりにくいものです。むしろ時間をかけて寄り道をするなかでこ…

荒川洋治さんの平成ベスト本 5冊

朝日新聞 読書面掲載の 荒川洋治さんが選ぶ平成ベスト本 5冊です。 吉行淳之介著『目玉』 荒俣宏著『プロレタリア文学はものすごい』 耕治人著『一条の光・天井から降る哀しい音』 小山田浩子著『庭』 マーサ・ナカムラ著『狸の匣』 目玉 (新潮文庫) 作者: …

東京堂書店@東京・神保町

穏やかな空間に、こだわりの「軍艦」 東京堂書店@東京・神保町 https://t.co/xobfcHNO7R— 四谷書房 (@yotsuya_shobo) 2019年5月2日

本の内容を3行要約すると理解が深まる

読んだ本の内容は、3行要約すると理解が深まる|ライフハッカー[日本版] https://t.co/gmIwZjdMgI via @lifehackerjapan— 四谷書房 (@yotsuya_shobo) 2019年4月30日

高村薫さんの人生の最後は・・・

人生最後は「卵三つ!」 髙村薫 https://t.co/s3ztyNG2nF

「本」は行動の起点になれるのか?

「本」は行動の起点になれるのか? 私がネットメディアと一緒に本をつくろうと思った理由をお話させてください。 https://t.co/1AjK8badgB— 四谷書房 (@yotsuya_shobo) 2019年4月26日

米国の読書家の3人に1人が ・・・・・

米国の読書家の3人に1人がオーディオブック利用、楽天調査 https://t.co/Wj6awL5kcZ— 四谷書房 (@yotsuya_shobo) 2019年4月19日

10連休の天気

10連休の天気 協会が傾向発表 | 2019/4/18(木) - Yahoo!ニュース https://t.co/7owZmQNb1m @YahooNewsTopics— 四谷書房 (@yotsuya_shobo) 2019年4月18日

毎日3つ、本屋が消える日本

毎日3つ、本屋が消える日本 その先にある希望は https://t.co/c5M991YcEv— 四谷書房 (@yotsuya_shobo) 2019年4月17日

若松英輔『考える教室大人のための哲学入門』

考える教室 大人のための哲学入門 (NHK出版 学びのきほん) 作者: 若松英輔 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2019/03/25 メディア: ムック この商品を含むブログを見る

5G元年のスタート

5Gはマジ速い! そこらの光回線を超える、実効速度で762Mbpsを計測 https://t.co/BLirL71puo— 四谷書房 (@yotsuya_shobo) 2019年4月9日 スピードばかりが速くなり、新しいコンテンツが遅れています。必要なのはハードのイノベーションだけでなく、ソフトのイ…

深作欣二監督の回顧特集

「仁義なき戦い」「蒲田行進曲」「バトル・ロワイアル」など48作品 深作欣二監督の回顧特集 : 映画ニュース - 映画.com #SmartNews https://t.co/8ybaVwNcXe

今週末は・・・・・

今週末は一気に暖かく もう寒気はやってこない? @tenkijp https://t.co/ovSs9UxhAN— 四谷書房 (@yotsuya_shobo) 2019年4月3日

上野千鶴子氏の「在宅ひとり死」のススメ

70歳の社会学者・上野千鶴子氏が「在宅ひとり死」を勧める 「孤独死はこわくない」|ニフティニュース https://t.co/Igiwu6ktBf

本田靖春『我、拗ね者として生涯を閉ず 』

我、拗ね者として生涯を閉ず 作者: 本田靖春 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2005/02/22 メディア: 単行本 クリック: 6回 この商品を含むブログ (19件) を見る

ノンフィクション作家 本田靖春の人生

「彼こそが本物」――本田靖春、「拗ね者」と称したノンフィクション作家の人生 https://t.co/cXFysdxZrv #Yahooニュース— 四谷書房 (@yotsuya_shobo) 2019年3月30日

TSUTAYAの2018年書籍・雑誌販売額

【過去最高】TSUTAYAの2018年書籍・雑誌販売額が1330億円を記録 https://t.co/SWHlyaRiHV— 四谷書房 (@yotsuya_shobo) 2019年3月23日

斎藤 兆史『考える英文法』ちくま学芸文庫

『考える英文法』解説|ちくま学芸文庫|斎藤 兆史|webちくま https://t.co/FsEnzTSkps— 四谷書房 (@yotsuya_shobo) 2019年3月23日

東京で桜満開!

東京で桜満開、平年より7日早く 全国初:日本経済新聞 https://t.co/pmjYJScC0b— 四谷書房 (@yotsuya_shobo) 2019年3月27日

東京(3)

私にとって東京は生きなおそうとした街なのですが、いつもどこからともなく死臭が漂っていました。それでも、東京への憧れは変わらず、その時はまだ大いなる可能性を信じていました。

國分功一郎他『いつもそばには本があった。』講談社選書メチエ

いつもそばには本があった。 (講談社選書メチエ) 作者: 國分功一郎,互盛央 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/03/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る

自分の歩調でしっかりと歩く

何であれ、できる時とできない時があります。できれば良しですが、できない時もあります。すべて上手く行くわけではありません。それぞれの状況に応じて、最上の選択をし対処していくこと。それができず、常に悪戦苦闘の連続です。しかし、そうした体験を通…